スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回ギター大好きみんな集まれギターコンペティションの結果

昨日1/10(日)、ギ連コンペの初挑戦が終わりました。
私は、E部門36~50歳のクラスにエントリーし、下記2曲を演奏した。

1.サラバンドとドゥーブル~無伴奏ヴァイオリンパルティータ1番BWV1002(J.S.バッハ)
2.プレリュード第4番(H.V=ロボス)

そして注目の結果は・・・・じゃじゃやーん・・・銀賞・・・でした~!!
別途特別賞として熱演賞も頂きました。
初挑戦としては上出来の結果かと思います。


実は密かに目標を優秀賞の受賞においていましたが、それは叶いませんでした。
優秀賞とは、金賞はもらえなかったが、限りなく金賞に近い人に与えられる賞です。
熱演賞は、その名の通り熱演した人に与えられる賞です。
金賞は逃しましたが、審査員にそれなりの印象は与えたようです。
ちなみにE部門の金賞は、志賀和浩さんただ一人でした。昨年は金賞が2名いましたが、今年は一人だけでした。志賀さんは第1回大会から3連覇の偉業達成です。


演奏についてもコメントしておきます。
1曲目のバッハのサラバンドは、演奏し始めてすぐにチューニングが狂っているのが分かり、あせりましたが、コンクールという事もあって、一旦弾きはじめたのを止めるわけにもいかず、そのまま押し通しました。
控え室とステージの温度差がかなり大きく、音がかなり上ずってしまっていました。
弾く前に一応確認したのですが、チューニングを終えた後にもどんどん変化している最中だったようです。演奏中にもそのことが気になりなかなか演奏に集中しにくかったです。
チューニングを別にすれば、演奏そのものは悪くない出来だっただけに、チューニングの狂いが悔やまれます。

そして普通なら間髪入れすにドゥーブルに行くのだが、チューニングの狂いが酷かったので、ドゥーブル行く前にチューニングをし直しました。ここでチューニングをするのは初めての事でした。実際には曲の途中で止めて、チューニングをし直して弾き直すことが頭をよぎったぐらいでした。

そしてV=ロボスですが、埼玉ギターコンクールよりは上手く弾けました。V=ロボスに行く前にももちろん再度慎重にチューニングを確認です。問題の中間部の高速アルペジオも多少の乱れはありましたが、まあそれなりにまとめられたと思います。


全体的には演奏そのものは、現在のベストに近い演奏が出来たと思います。それだけにサラバンドでのチューニングの狂いが悔やまれます。ドゥーブルとプレリュードは問題無かったと思いますが、又一つ勉強になりました。
音量や音色については、聴いてくれた方々の感想を聞くと、それなりの物はあったようなので、その良さは今後も武器として生かして行きたい。


演奏後、たまたまロビーに居た審査員の坪川真理子さんにお話を伺ったところ、開口一番やはりチューニングの狂いを指摘されました。それが無ければ、もう少し別の結果があったような印象を受けました。
その他、良かった点や反省点などのアドバイスを少し聞けたのは収穫でした。
このコンペは審査員がどのような評価をしたか、知るすべが無いので、思い切って声を掛けて良かったです。


会場のミレニアムセンターホールは、スペインギターコンクールの会場でもあるのですが、とっても響きの良いホールでした。私がこれまで演奏してきた中でも屈指の素晴らしいホールでした。結構広いホールなのに客席の最後尾までギターの音が良く聴こえます。ホールの残響も適度で、ギターが美しく聴こえます。
但し、スポットライトの熱は強烈ですので、今後このホールで演奏する方は、チューニングには十分気を付けた方が良いですよ。特に1曲目は秒単位で変化しますので、一度確認後にもう一度再確認するぐらいの時間的余裕を見たほうが良いと思います。
2曲目以降は、ステージの温度にギターがなじんできますので、1曲目ほどは気にしなくても良いと思いますが、それでも曲間には必ず確認したほうが良いと思います。


会場には千葉ソロギターサークルのメンバーが多数応援に来てくれました。とても心強かったです。ありがとうございました。
また、siyoさんやjizoさんなどマイミクの方にも多数お会いしました。そして、私の演奏に対する貴重なご意見やアドバイスを頂きました、ありがとうございました。


終了後は、近所の居酒屋さんで志賀さんや千葉ソロギターサークルのメンバーたちと打ち上げで、楽しいひと時を過ごしました。
来年、また機会があれば今回の反省点を生かしてチャレンジしたいと思います。

***************

※各クラスの金賞受賞者と特別賞受賞者の名前を書いておきます。

●A部門(11歳以下、7名参加)
 ・金賞:古菅裕之、原田斗生
 ・優秀賞:古川翔基
 ・敢闘賞:和田碧月
 ・努力賞:小林峻也

●B部門(12~15歳、3名参加)
 ・金賞:菅沼聖隆

●C部門(16~22歳、3名参加)
 ・金賞:松澤結子

●D部門(23~35歳、14名参加)
 金賞:神垣学
 金賞:井上郁夫

●E部門(36~50歳、10名参加、他に欠席2名)。
 ・金賞:志賀和浩
 ・熱演賞:上原淳
 ・敢闘賞:安原あゆみ

●F部門(51~65歳、19名参加)
 ・金賞:種谷信一
 ・金賞:鈴木富夫
 ・優秀賞:中里一雄
 ・努力賞:高橋諒子
 ・敢闘賞:洪永浩

●G部門(66歳以上、8名参加)
 ・金賞:安部正和
 ・金賞:細村義昭
 ・熱演賞:兼高正行

評価は金賞、銀賞、銅賞の3ランクがあります。銅賞は参加賞です。
金銀銅の他に特別賞のとして優秀賞、熱演賞、努力賞、敢闘賞の4つがあります。
特別賞の内容は、優秀賞がもう少しで金賞が受賞できる方。熱演賞、努力賞、敢闘賞はそれぞれ文字通りとのことです。
金賞受賞者はは3/27の銀座での全国大会に出場する資格が与えられます。

ちなみに菅沼さん(B部門)、志賀さん(E部門)、種谷さん(F部門)の3名は、初回大会から3年連続金賞とのことです。
おめでとうございます!!

mixiのマイミクさんのブログによると、このギターコンペの参加人数は、1回目100人、2回目130人、今回160人と回を追うごとに増え、ギターファンの間に定着してきているようです。
私の周りの方の動向を見ていると、E部門、F部門ですが来年は今年より増えるのは確実です。

以上。



●銀賞と熱演賞の賞状(小原聖子先生から授与されました)
P1100482c.jpg


●表彰式の様子
P1100472c.jpg


●熱演?中の様子
P1100479c.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。