スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の山下がN響と共演!

IMG_0208B.jpg
【コンサートチケット(何とたった1,000円!!)】


山下和仁がN響と藤家溪子の《ギター協奏曲第2番「恋すてふ」》を演奏する。


------------------------
Music Tomorrow2010
2010.6.22.(火)
東京・東京オペラシティ コンサートホール
S席:5,000円/A席3,000円/自由席1,000円

<プログラム>
山根明季子 / 水玉コレクション No.06 [N響委嘱作品/世界初演]
藤家溪子 / ギター協奏曲 第2番「恋すてふ」 作品60 (1999)
サリネン / 室内楽 第8番 作品94「木々はみな緑」(2009)[日本初演]*
ダルバヴィ / まなざしの根源(2007)[日本初演]

指揮:パスカル・ロフェ
ギター:山下和仁
チェロ:ピーター・ウィスペルウェイ*
管弦楽:NHK交響楽団

主催:NHK、NHK交響楽団
助成:(公財)三菱UFJ信託芸術文化財団
協賛:みずほ証券株式会社、株式会社東芝
------------------------


あの世界の山下和仁、久々の協奏曲演奏です。
昨年、東京で久々のソロコンサートを行い、ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の第2楽章「ラルゴ」を弾き、その健在ぶりを確認しましたが、今度はN響とコンチェルトで共演です。

最近の山下は、若い頃の音楽から大きく変貌し、音の深み、音楽の深みは凄みすら感じます。恐らく世界一音量のある人ですから、PA無しの生音でN響とやると思います。

しかもたったの1,000円で聴けます。あの山下とN響が1,000円ですよ!!これは会社を休んででも聴きに行かなくてはいけません(笑)。
当然?1,000円自由席を、コンビに決済で即効でゲットしました。(写真参照)
自由席はまだ少し残っているようですので、ご一緒しませんか?

今年49歳になった天才・山下の”今”を聴いてきます。


-----


以下は、下記コンサート紹介サイトの記事の転載です。(参考)
http://www.nhkso.or.jp/calendar/concert_day_2010-06-22.shtml


[聴きどころ]対談:山根明季子×白石美雪

“Music Tomorrow”とは文字通り「明日の音楽」、つまり近未来を創造する音楽を聴いてもらうシリーズだ。
長い時を刻んできた古典的名作ではなく、できたてほやほやの作品と尾高賞受賞作品を軸に組み立てられるこの演奏会は、日本を代表する名門オーケストラ、N響が長年、取り組んできた画期的な企画である(今年度は尾高賞の該当作品がなかった。
今年のMTは、過去の受賞作から藤家溪子の曲を再演する)。
まさに最高水準の演奏で紹介されてこそ、新しい音楽の価値も伝わろうというもの。
演奏と創作が互いに刺激し合い、火花を散らし、ある瞬間にふっと高みに至る、そんなプロセスがここにはある。

 あなたが現代音楽の演奏会をまったく聴いたことがないというなら、記念すべき初体験は“Music Tomorrow 2010”に行こう。
たとえば、若手で活きのいい新作を書いている山根明季子。
どこかノスタルジックな気分をかきたてる「水玉」という視覚的モティーフを、音の世界で表現することにこだわってきた作曲家だ。
水玉といえば草間彌生の一貫したテーマでもあるが、「斬新でユニーク」という意味でなら、山根の音楽も草間ワールドに引けを取らない。
  藤家溪子の《ギター協奏曲第2番「恋すてふ」》は、百人一首に出てくる壬生忠見の和歌にちなんだやわらかい響きの音楽。山下和仁というクラシック・ギターの名手を念頭に作曲されたのだが、恋はじめを歌った句に重ね合わせたのは山下への想いだったのだろう。
ちなみに藤家と山下は人生のパートナー。山下が弾くと、曲も一層、深みを増すはずだ。

  あなたが現代音楽のファンなら、山根の新作はもちろん、サリネンとダルバヴィの近作も聴いておくべき。
サリネンの《室内楽第8番》はチェロと弦楽オーケストラのための作品。
今年3月6日に世界初演されたばかりで、初演時にチェロを弾いたピーター・ウィスペルウェイが登場する。
近年、来日公演で人気を博しているウィスペルウェイは古楽器もモダン楽器も自在に操り、幅広い表現力をもつチェリスト。
歌心にあふれるサリネンの音楽を、彼のチェロで聴くのは楽しみだ。

  指揮者パスカル・ロフェが推薦するダルバヴィの《まなざしの根源》はオリヴィエ・メシアンへのオマージュ。
《みどりごキリストにそそぐ20のまなざし》の和音を引用しながら、ドビュッシーからメシアンへと継承されてきたフランスならではの音感覚を生かした作品である。
来年50歳になるダルバヴィは、初期のエッジの効いたスタイルから作風が大きく変化している。
識別可能なテーマで書くことを目指した今回の作品をどう聴くか、あなたの価値観が問われるところだ。

白石美雪[音楽評論家・武蔵野美術大学教授]
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬な人 (後編)

NHK交響楽団助成:(公財)三菱UFJ信託芸術文化財団協賛:みずほ証券株式会社。株式会社東芝------------------------あの世界の山下和仁。久々の協奏曲演...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。