スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回定期演奏会の開催報告

P1140983b.jpg
【写真1】ホール全体の様子

P5100841b.jpg
【写真2】ソロ演奏中の私

P5100932b.jpg
【写真3】川島フルート&上原ギターの親子共演

P5110019b.jpg
【写真4】桐生さんのピアノソロ「アストゥリアス」

P5100989b.jpg
【写真5】ギター&ライアー&ボーカルの3重奏で「MIYOTA」

P5110144b.jpg
【写真6】アランフェス協奏曲演奏中(私&あまね)

P1150006b.jpg
【写真7】アナウンスの黒田さん(左)と私

P5110172b.jpg
【写真8】全員集合記念写真


みなさん、こんばんは。

昨日、千葉ソロギターサークル主催「第3回定期演奏会」の開催を終了しましたのでレポです。

事前の準備、リハーサル等も順調に整い、定刻どおりに始まり、予定通り無事に終了する事が出来ました。
定演など、大きなイベントを開催すると毎回感じる事なのですが、出演者の皆さんの「協力して成功させるんだ!」「良い演奏をしよう!」と言う気迫がみなぎっています。
出演者はもちろん、スタッフの皆さんのご協力と、そして何より、お忙しい中多数のお客様がご来場くださったことに、感謝したいと思います。ありがとうございました!

私も時々ホール内で聴かせて頂きましたが、全員立派に最後まで弾き切っていました。皆さんの真摯に音楽に取り組む姿に感動しました。
演奏の腕前はそれ程問題ではありません。その時できる最高の演奏を目指す姿が感動を生みます。
音楽の力は不思議なもので、プロでなくても聴衆に感動を与える演奏というものは出来ると思います。


今回私は、下記2曲を演奏しました。
・前奏曲~無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007より(J.S.バッハ)<ギターソロ>~第2部の冒頭
・アランフェス協奏曲より第二楽章”アダージョ”(J.ロドリーゴ)<ギター&ピアノ二重奏>~第4部の最後(大トリ)

アランフェスのピアノ伴奏はもちろんこあらさんです。こあらさんと私のユニット「ウールウルーズ」の出番です。どちらも、大きな乱れも無く、まずまずの出来でほっとしました。

今回は、イベントを締めくくる大トリとしての演奏だっただけに、プレッシャーは当然ありましたが、すんなりと演奏に入りこむ事が出来、最後まで集中力が切れずに終わる事が出来、何とか大役を果たせたかな、と思います。

特にアランフェスは、これまで10回以上は弾いてきたと思いますが、過去最高の出来だったかも知れません。演奏後に、多数の方から「良かった」「感動した」「昨年より進化していた」等と言う嬉しいお言葉を多数頂きました。

これらの言葉は、もちろんこあらさんの素晴らしいピアノ伴奏があっての事です。ありがとうございます!
こあらさんのどっしりとしたバックアップに支えられて、私が自由奔放に歌いまくっても、いつの間にか伴奏が合わせてくれるという、不思議なユニットになっています(笑)。私はこあらさんの掌で、好き勝手に弾き遊んでいる(遊ばれている?笑)だけで良いのです(笑)。
この曲は、もう本番前に別途合わせ練習をしなくても、当日のリハだけで演奏できるようになっています。


アランフェスは先月11/19に、坪川真理子さんのギター教室発表会でも割と上手く弾けましたがが、今回は更に上を行ったかも知れません。
最近は弾く度に自己ベストを更新するような演奏が出来て嬉しいです。まだまだ上を目指しますよ!

人前での演奏、しかもお客様の入った大きなイベントでの演奏となると、なかなか上手く弾けないものです。
この日の演奏は、少しのかすり傷はありましたが、精神状態も安定し音楽に集中した演奏が出来たように思います。音楽の感動を、少しでもお客様に伝わる演奏ができたのなら、演奏者としてこれほど嬉しい事は有りません。


ここでちょっとアランフェス裏話を。
ここだけの話なんですが(笑)、この日は右手のi指(人差指)に塗っているアロンアルファー「釣名人」君がご機嫌ななめで、はがれかけていたようで、普通に弾くと時々ペンペンした薄っぺらい音が混ざっていたんです。しかし釣名人君を塗り直す時間はありませんでしたので、そのまま本番に突入しました。

気づかれない様にタッチ角度を色々工夫して、できるだけ丸くたっぷりとした音が出るようにし、また極力i指を使わずにm指(中指)を多用するように演奏していましたが、どうしてもi指を使う場面は出てきますし、時々薄っぺらい音が混ざってしまいました。気づいた人は気づいたかと思います。
案の定、アランフェスの演奏が終った後、右手i指の釣名人君は、見事に剥がれ落ちていました。

アランフェスは、サビの部分でfffの大音量で激しくラスゲアードしますので、爪の状態が完全であっても損傷を受けやすいのです。
あのクライマックスの盛り上がりは、まさに自分の身を削って作り出しているものなんです。盛り上げる感動と引き換えに自分の爪を捧げるという感じです。
ですから、練習では100%フルパワーでは弾けません。本当の100%は、本番の為に取っておくのです。

釣名人君は完全にはがれるか、完全に接着していれば良いのですが、中途半端にはがれかけている時が、雑音混じりの薄っぺらい音になりますので注意が必要です。
良い音がでるツボにはまったタッチをしているのにも関わらず、薄っぺらい音になり始めたら、大抵釣名人君がはがれかかっているサインです。
(閑話休題)


さて、司会をお願いしたlamyさんも、プロのアナウンサーのような素晴らしいアナウンスでした。ありがとうございました。
ちょっとしたハプニングにも、臨機応変に落ち着いて的確に対応され、安心して任せる事ができました。アンケートでも好評でした。

lamyさんにはかなり久々に私の演奏を聴いて頂ける機会でしたので、張り切って演奏しました。
確か3年ほど前に、私が初めてプチ発表会(海海さん主催の川口プチ)に参加した時、どこからとも無くマコりんさんとお二人で(私の演奏を聴く為に!)ご一緒に見学に来られて、ボロボロの演奏を聴かれてしまった、悪夢のような想い出があります。手がぶるぶる震え、あまりの酷い演奏に2曲弾くはずが、1曲のみ演奏して息も絶え絶えに逃げ帰ったと言う伝説の?悪夢です(笑)。
その半年後あたりに、神奈川の大倉山記念館のアランフェスサークルでもご一緒しましたが・・・、あの頃から少しは成長したかしら?

lamyさんは、ギターの腕前も素晴らしいので、今後は当サークルの専属アナウンサー兼演奏者として、参加して頂きたいと思います。
そういえば打上の席で、サークルに入会してもokと言っていたような・・・・、早速誘わなくては(笑)。

ピンクさんもそうでしたが、lamyさんも「私って入会していませんでしたっけ?」とおっしゃっているのが、面白かったです。
お二人とも、色々なイベントなどでお会いしたり、連絡を取り合っているうちに、入会したつもりになっていたようです(笑)。
その後、ピンクさんは実際に仲間に加わって下さいました。ではではlamyさんも是非。


開演前後に、藤元高輝さんの後見人で作曲家の青山悟氏が控室にお越しくださり、藤元さんのCDを24枚!サークルにプレゼントして下さいました。ありがとうございました!
この中からの4を含む全5枚のCDを、お客様へのプレゼントに使わせて頂きました。
そのお礼に、CDプレゼントの折に、会場で青山氏に椅子から立ち上がって頂いて、お客様に紹介させて頂きました。


皆さん個別の演奏については、もう多すぎて書ききれませんが、簡単に少しだけ書いておきます。

フルートの川島プロと父親の親子共演は見事でした。フルートのプロのテクニックに魅了された上、アマチュアながらしっかりとギターで支えた上原さんも好演でした。

私の無茶な?リクエストに応えて、アルベニスのアストゥリアスをピアノソロで弾いてくださったpeach姫さん。はやりオリジナルのピアノはド迫力でした。

小西さんご夫妻のアットホームなフルートギターの共演は、このイベントの風物詩となって、良い気分転換の空間を作って下さいました。

しっかりとした張りのある音で安定感の有る演奏を繰り広げた小林さん。

難曲シャコンヌを、アマチュアではこれ以上は望めない程立派に弾いた相原さん。

ハンガリー幻想曲を、パワフルに弾きまくって会場を圧倒した原さん。

詩的ワルツ集を、まさに詩的に繊細に表現した伊藤さん。などなど・・・。

とても全部は書ききれませんが、他の方々も含めギター音楽の魅力を、様々な楽曲や楽器編成を通して堪能して頂けたのではないでしょうか。


最後に、アンケート結果で良かった曲、印象に残った曲の集計結果を紹介してレポを終ります。
特に第4部は、誰が、どの曲がと言うより、みんな素晴らしかったというアンケート記載が多数有ったことも、書き添えておきます。

【人気アンケート集計結果】
※左より【順位】【曲目・演奏者】【得票数】

1位:アランフェス協奏曲(上原&あまね) 8票
2位:アルハンブラの思い出(小西邦明)7票
3位:ハンガリー幻想曲(原秀和)6票
4位:ランクラージュマン(小林&伊藤)5票
4位:川島フルート&上原ギター 5票
4位:鐘の音(倉田義雄)5票
7位:禁じられた遊び(三谷光恵)4票
7位:大聖堂(上原和男)4票
9位:詩的ワルツ集より(伊藤亘輝)3票
9位:シャコンヌ(相原誠)3票
9位:プレリュード(上原淳)3票
9位:第4部全部 3票
13位:アストリアス(桐生ももか)2票
13位:フーガ(細井賢治)2票
13位:ライアー(あまね伶)2票
13位:セビリア幻想曲(小林透)2票
17位:組曲月光(小西ご夫妻フルート&ギター)1票
17位:ラグリマ・アデリータ(増田誠一郎)1票
17位:月光(牧良江)1票
17位:MIYOTA(笠井&あまね&桐生)1票
17位:エチュード第14番(加瀬栄子)1票
17位:第3部全部 1票


アルハンブラ、禁じられた遊び、アランフェスの3曲は、ギターのオリジナル名曲なので毎年演奏して行く予定ですが、今回のアンケートの結果を見ても、やはり上位人気にランクインしています。

弾いて欲しい曲目としては、グランソロ(ソル)の名前が挙がっていました。
この曲も、これまで色々なイベントで弾いてきましたが、たまたまプログラムに入っていないと、やはりリクエストが掛かる曲です。

以上で、私の日本での最終演奏になる可能性がある、第3回定期演奏会は終了しました。思い出深い演奏会になりました。


打上は、近所にあるいつもの本格中華屋さんで20人ほどで開催。そこでも嬉しいサプライズが・・・。
サークルメンバーの方々から、私の来年早々の中国行きの激励会(お別れ会)をやってくれると言う嬉しい提案がありました。
本当に涙が出るほど嬉しいお話です。メンバーの皆さん、ありがとうございます!
その場で日程も即決です。2012年1月21日(土)18:00~。場所はJR千葉駅近くのギターが弾ける居酒屋「セゴビア」です。この日まで私は日本に居るだろうか?(笑)。
もし参加されたい方がいましたら、私まで連絡下さい。20人程度は入れるようです。


打上後、更に有志9人での2次会は、近所のカフェで、コーヒー&ケーキタイムです。
またりと、演奏会の余韻を楽しんで散会しました。長いようで短い一日が終了しました。


来年の第4回定演もよろしくお願いします。
以上。



****************************************************
千葉ソロギターサークル第3回定期演奏会 開催概要
****************************************************
・イベント名:千葉ソロギターサークル第3回定期演奏会
・日時:2011/12/4/(日)開場12:30、開演:12:30、終演:16:40頃
・会場:千葉市・幕張ベイタウンコア・音楽ホール(定員約200名)
    (JR京葉線海浜幕張駅徒歩15分)
・会場HP:http://www.baytown.ne.jp/core/top.html
・会場問合せ:Tel 043-296-5100 Fax:043-296-5566 (打瀬公民館)
・入場料:無料(全席自由席、先着200名様)
・主な曲目:禁じられた遊び、アルハンブラの思い出、シャコンヌ、アランフェス協奏曲、他
・各種問合せ:下記千葉ソロギターサークル公式ブログのメールフォームよりどうぞ。
http://nao2010.blog11.fc2.com/
・内容:千葉ソロギターサークル1年間の活動を締めくくる大イベント。
    約70人のメンバーの初・中級者からプロまで24人が出演し、ギターの独奏や重奏の
    他、ピアノやフルート等との室内楽など多彩な演目をお届けします。
    曲目はクラシックを中心に、映画音楽やポップスなど幅広く演奏し、音楽を通して
    ギター音楽の魅力を伝えます。サークル員一同、多数の皆様のお越しをお待ちして
    います。
・主催:千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)
・後援:大人のソロギターサークル(代表:稲葉茂夫)
****************************************************


【プログラム】
-------------------------------------------------------------
【第1部】12:30~13:20(演奏38分+予備12分=合計50分)
-------------------------------------------------------------
1.増田誠一郎(6分)ラグリマ(F.タレガ)、アデリータ(F.タレガ)
2.荻嶋樹夫(6分)エチュード(N.コスト)、椰子の実(大中寅二)
3.工藤順 (7分)グリーンスリーブス(スコットランド民謡、カッティング編)、クリスマスの歌(A.バリオス)
4.倉田義雄(5分)鐘の音(J.ペルナンブーコ)
5.木村賢一(4分)イマジン(J.レノン)
6.牧良江 (5分)月光(F.ソル)
(★7.吉岡信夫(5分)最後のトレモロ(A.バリオス) )※無念の病欠!
7.小西邦明(6分)アルハンブラの思い出(F.タレガ)

(10分休憩)13:20~13:30
-------------------------------------------------------------
【第2部】13:30~14:19(演奏37分+予備12分=合計49分)
-------------------------------------------------------------
8.上原淳 (3分)前奏曲~無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007より(J.S.バッハ)
9.加瀬英子(5分)エチュードNo.14(F.ソル)
(★10.小西邦明(6分)アルハンブラの思い出(F.タレガ))→7番目に繰り上がり演奏。
11.あまね伶(3分)プレリュード~コンポステラ組曲より(F.モンポウ)<ライアー>
12.細井賢治(8分)フーガ~無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番BWV1001より(J.Sバッハ)
13.上原和男(9分)大聖堂(A.バリオス)
14.三谷光恵(3分)禁じられた遊び(A.ルビーラ)

(10分休憩)14:19~14:29
-------------------------------------------------------------
【第3部】14:29~15:23(演奏43分+予備11分=合計54分)
-------------------------------------------------------------
15.上原和男&川島由利子プロ(7分)<ギター&フルート二重奏> ※フルートゲスト出演
 ・タンゴの歴史より第一楽章Bordel1900年(A.ピアソラ)
 ・間奏曲(J.イベール)
16.笠井晶ニ&桐生ももか&あまね伶<ギター&ボーカル&ライアー三重奏> ※ギター&ボーカルゲスト出演
 ・MIYOTA(武満徹作曲、谷川俊太郎作詞、アンサンブル晶編曲)
17.小西邦明&晃子(10分)<ギター&フルート二重奏>
 ・組曲月光〔プレリュード、マズルカ、ファンタジー、仮面、伝説〕(F.ソル、佐藤弘和、小川寛興、小諸鉄矢)
18.桐生ももかプロ(6分)アストゥリアス(I.アルベニス)<ピアノソロ> ※ゲスト出演
19.小林透&伊藤亘希(14分)<ギター二重奏>
 ・ランクラージュマンOp.34 (F.ソル)

(10分休憩)15:23~15:33
-------------------------------------------------------------
【第4部】15:33~16:35(演奏53分+予備9分=合計62分)
-------------------------------------------------------------
20.小林透(11分)「牝牛の番をして」の主題による変奏曲(L.deナルバエス)、練習曲第1番(C.R.リベラ)、セヴィリア幻想曲(J.トゥリーナ)
21.相原誠(14分)シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より(J.S.バッハ)
22.原秀和(7分)ハンガリー幻想曲(J.K.メルツ)※ゲスト出演
23.伊藤亘希(10分)詩的ワルツ集より~序奏、ワルツ第1番、第3番、第4番、第6番、第7番、間奏曲(E.グラナドス)
24.上原淳&あまね伶(11分)アランフェス協奏曲より第二楽章”アダージョ”(J.ロドリーゴ)<ギター&ピアノ二重奏>
-------------------------------------------------------------

アンコール代わりに、藤元高輝さんのCD「モスグリーン」を5枚、お客様にプレゼント。抽選会は結構盛り上がりました(笑)。

その後、最後に出演者全員がステージに集合し、挨拶をして終りました。


スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。