スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルシエナ・マンドリンアンサンブル第7回定期演奏会

P5100437b.jpg
【写真1】ギター二重奏演奏中の、杉本工さん(左)と小林透さん(右)

P5100461b.jpg
【写真2】ライアー協奏曲!?演奏中のこあらさん

P5100490b.jpg
【写真3】マンドリンアンサンブルをバックに歌うシュガーさん



みなさんこんばんは。

遅ればせながら、先週末11/13(日)に開催された「エルシエナ・マンドリンアンサンブル第7回定期演奏会」のレポです。

この定演については、既に出演されたこあらさんが詳しいレポを書いていますので、私は簡単に書きますね(笑)。
【こあらさんのmixi日記】※mixi会員のみ参照可。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1795490908&owner_id=9347390


マンドリンアンサンブルを、じっくりまともに聴いたのは今回が初めてでした。
エルシエナさんは、今年の2月に開催した「第1回千葉ギター音楽祭」にも出演して頂いた団体さんです。

この日のステージは、私がイメージしていたよりも人数が少なく、少数精鋭と言う感じでしたが、現在の団員数は10人程で、数年前から半減したとのこと。
マンドリンオケと言ったら、40~50人のイメージでしたが、少数アンサンブルもなかなか聴きごたえがありました。

一つのパートに一人か二人しか居ませんので、各自の技量がもろに表に出てしまう怖さはあるかも知れませんが、合奏団の要とも言える、ファーストマンドリンを務める、団体の代表でもあるOさんが終始しっかり弾いていましたので、全体的に安心して聴いていられました。
ただ、もう少し人数がいた方がトレモロなどは綺麗に響いたかもしれません。


この日の定演には、千葉ソロギターサークルから3名のゲスト出演がありました。2月のギター音楽祭での交流から生まれたコラボです。
ギターのゲストが、杉本工さんと小林透さんのお二人。ライアーはご存知こあらさんです。

ギター二重奏は2曲演奏しましたが、2曲目の紫陽花はとても良い響きを出して楽しめました。
その他にもお二人は、アンサンブルの一員として、第一部にフル出演するというサプライズ参加もこなしていました。

そして、私にとってこの日のハイライトは、こあらさんのライアーとマンドリンアンサンブルが共演した、ショーロス第1番(ヴィラ=ロボス)でした。

この曲は元々ギターソロの為の曲ですが、団員のあーる燦々さんの編曲によって、まるで「ライアー協奏曲」のように生まれ変わっていました。
上の写真を見ればお分かりのように、楽器の配置、編曲、そして演奏までトータルで見ても、もう完全な「ライアー協奏曲」と言えます。

9名のアンサンブルをバックに、ライアーがソロ楽器として、バックと絡み合ったりソロを弾いたりと、本当の協奏曲のように活躍する編曲になっておりました。

堂々とした立ち居振る舞いとトーク、そして何より演奏が素晴らしかったです。
こあらさんの演奏は、もうほとんどノーミス、ほぼ完ぺきで音楽性豊かな演奏でした。これまでの自己ベストの演奏ではなかったでしょうか。

ギター弾きなら誰でも知っているあの曲を、あんなにも大胆に編曲したあーる燦々さんの着想と手腕、それを見事に弾き切ったこあらさんと団員の皆さんに、大きな拍手を送りたいと思います。

今回の編曲のバックパートをピアノとライアー用のDUO版に移して、チェンバロとライアーで弾くと面白いと思います。チェンバロはもちろんpeach姫さんに!
もう、ライアー協奏曲としてレパートリーにして、先日買ったミニピアノでチェンバロの音にして、どこでもライアー協奏曲やっちゃってください。まさにμちゃんオケ?


上記のように、今回の定演には、千葉ソロギターサークルから3名のゲスト出演があり、サークル代表者として何だか誇らしい気分になりました(笑)。

私の大好きなモーツアルトのアイネクライネ~は、Dさんのコントラバスやマンドセロなどがずっしりと低音部を固めていましたので、迫力ある響きを出していました。

最後に演奏されたファンタジア九州では、曲自体も素晴らしかったが、サプライズで登場したシュガーさんのソプラノが良かったです。
シュガーさんはアンコールでも登場し、オーバーザレインボーを熱唱されました。同時にピエロのパントマイムの演出もありました。
来年の第8回定演では、シュガーさんのソプラノをフューチャーした構成になるとのことで、こちらも楽しみですね。


他に印象に残ったのは、何と言ってもコントラバスを自在に弾きながら指揮もこなした、女性のDさんです。本当に女性らしからぬ迫力には驚かされました。
舞踊風組曲第二番など、指揮者として全体を統率しまがら、コントラバスでグイグイ皆をリードする姿は、聴いていて凄味すらありました。こちらもまるでコントラバス協奏曲のような仕上がりなっていました。
代表でコンマスのOさんも女性ですし、この日の演奏会は女性にやられっぱなしでした(笑)。


さあ、男性も頑張ろう!(笑)
とりあえずは、今週末11/19(土)GGサロンでの坪川真理子ギター教室の発表会で、アランフェス頑張ります!ピアノ伴奏はもちろんこあらさんです。ウール・ウルーズの出番です!
入場無料ですので、興味のある方は是非聴きにお越しください。

先日お知らせしたように、私は来年2月頃から中国に転勤しますので、わたしが都内でアランフェスを弾くのはこれが最後になります。
次回は帰国後になると思いますので、5年後か10年後か・・・。もしかしたらもうアランフェスは弾けなくなっているかも(笑)。いや、更に腕を上げて帰ってきたいですね。




【11/17追記】
こあらさんの記事に曲目などがありましたので、少し手直しして転載します。

==================================================
日時:2011年11月13日 開場13:30、開演14:00  
場所:京葉銀行文化プラザ (JR千葉駅より徒歩3分)

【第1部】

<マンドリンアンサンブル>
・セレナータ・シエナ R.ブランダーニ
・小組曲「降誕祭の夜」/ A.アマディ
・彷徨える霊 U.ボッタキアリ
・舞踊風組曲第二番 久保田孝

【第2部】

<ギター2重奏>
・タンゴ I.アルベニス
・紫陽花 松居孝行

<ライアーソロ>
・もののけ姫 久石譲
・Lascia ch'io Pianga 私を泣かせて下さい G.ヘンデル

<ライアー特別共演アンサンブル>
・ショーロス第1番 ヴィラ・ロボス

<マンドリンアンサンブル>
・アヴェ・ヴェルム・コルプス W.A.モーツァルト
・スラブ舞曲第10番 A.ドボルザーク
・アイネ・クライネ・ナハトムジーク W.A.モーツァルト

【第3部】

<マンドリンアンサンブル>
ブラジル風バッハ第5番 ヴィラ・ロボス
ファンタジア九州 藤掛廣幸 ※特別ゲスト・シュガーさん

<アンコール>
オーバー・ザ・レインボー※特別ゲスト・シュガーさん&ピエロ
==================================================


スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。