スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織圭が世界ランク1位のジョコビッチを撃破する歴史的快挙達成!

52_240087.jpg
【世界ランク1位のジョコビッチを破った錦織圭選手】


実はテニスファンンの私です(笑)。
ギターを全く弾いていなかった約20年間は、テニスやゴルフ、スキーに入れ込んでいました。
テニスではシングルス、ダブルスの色々な大会に出場したこともあります。


さて、日本男子テニス界にとって歴史的な快挙が達成されました。
あの錦織圭さんが、世界ランク1位のジョコビッチを撃破したのです!
歴史的、奇跡的・・・どんな言葉を並べても称賛できないほどの快挙です。

錦織は、これまでも世界のトップ10ランカーを撃破する快挙を何度か達成していますが、今回の獲物は世界1位ですので、その価値は計り知れません。


伊達が引退してから、テニスの事はあまり報道されなくなりましたが、現在の錦織の活躍は、日本のテニス界にとって歴史的な快挙が続いているんです。
今回、世界ランク1位のジョコビッチを破った事で、錦織の世界ランクも20位前後まで上昇するはずです。
日本男子が世界ランクで10位台を視野に入れる時代が来ることは夢のようです。

錦織は現在世界ランク32位前後ですが、これまでの日本男子の最高はあの松岡修造さんの46位ですので、錦織が如何に凄いかが分かると思います。
日本男子には不可能とさえ思われる数字なんです。


惜しむらくは、これだけの歴史的な快挙が続いているのに、TV放送が無い事です。
現在の錦織の活躍で、TV業界にも、テニスが美味しいコンテンツとして認識され、TV放送が多くなることを期待したいと思います。
いや、TV報道・放送と言うのは、こういう重大なものを放送して、国民に知らせるべきだと思います。日本中が夢や勇気や希望を与える出来事ですから。


明日の決勝戦の相手は、元世界ランク1位で現在4位、この大会のディフェンディングチャンピオンのロジャー・フェデラーです。
是非撃破して優勝して欲しいものです。


いよいよ本格的な錦織時代の到来です。
日本男子テニス界は間違いなく歴史が動いています。50年に一度あるか無いかの。
東洋の奇跡と言える、まだ21歳の錦織の現在の活躍に「あっぱれ」を贈りたいと思います。



【日刊スポーツのWEB紙面より転載】

<男子テニス:スイス室内>◇6日目◇5日◇スイス・バーゼル◇シングルス準決勝

 錦織が日本男子初の大金星だ! 世界32位の錦織圭(21=ソニー)が、日本男子史上初めて世界1位を破る快挙を達成した。今年、全豪、ウィンブルドン、全米を制し、わずか3敗しかしていないノバク・ジョコビッチ(24=セルビア)相手に、第1セットを落としてから2-6、7-6、6-0の大逆転勝ち。世界ツアーでは、4月の全米クレーコートに続く自身3度目の決勝に進出した。

 何という21歳だ。歴史的な勝利の瞬間も、右手で小さなガッツポーズを繰り出しただけ。まるで当然の勝利のような横綱相撲。ストロークも、サーブも、完全に世界王者を振り切った。今年たった3敗しかしていないジョコビッチに、最後は何と1ゲームも与えない完封勝ち。ジョコビッチのバックがアウトすると、歴史的な快挙が達成された。

 1回戦では、世界7位のベルディハを撃破。3週前の上海大会では、同8位のツォンガに勝った。10月17日には、日本男子最高位を19年ぶりに更新したが、錦織劇場のクライマックスは、それどころではなかった。史上初の世界1位撃破。「第2セットからプレーのレベルが上がった。自信になった」。

 第1セットは自滅だった。世界1位相手に、改良したはずの第1サーブが24%しか入らず。サービスゲームで自ら主導権を奪えずに、1オールから一気に4ゲームを連続で落とした。「あまりいいプレーができなかった」と、ジョコビッチのパワーに圧倒された。

 しかし、第2セットに入ると、錦織の天才といわれる才能が徐々に発揮される。試合中に、相手の展開や癖を見抜き、自らのショットを修正。ジョコビッチのスピードやパワーにも慣れて、リードを奪う。4-2から4オールに追いつかれたが、最後はタイブレークでもぎ取った。

 ジョコビッチは、右肩の故障で武器のサーブが通常よりスピードが出ない。錦織は、そこを付け込むと、最終セットはストロークエースの乱れ打ち。今年、1度もセットを0-6で落としたことのない王者に、1ゲームも与えない完封で、歴史的な勝利を締めくくった。

 92年6月に、ウィンブルドン前哨戦の大会準決勝で、松岡修造が当時世界2位のエドベリに勝ったのが、日本男子の金星最高位。73年に現行のコンピューター世界ランクができて以来、38年間、日本男子は誰も世界1位を破ったことはなかった。世界1位撃破に加え、自身ツアー2勝目も見えてきた。

 ◆錦織圭(にしこり・けい)1989年(平元)12月29日、島根県松江市生まれ。5歳でテニスを始め、13歳で米国にテニス留学。08年2月に日本男子史上2人目のツアー優勝という快挙を達成した。同年全米OPでは日本男子71年ぶりの4回戦進出。09年3月から右ひじの故障で約1年間、実戦から遠ざかった。今年10月17日に世界30位となり、日本男子過去最高位を19年ぶりに更新した。北京五輪代表。178センチ、70キロ。



【11/6追記】
何とyoutubeで試合の模様を発見!歴史的快挙を見て下さい。
勝利した後のスタンディングオベーションと、それに応える錦織選手のガッツポーズが印象的です。

http://www.youtube.com/watch?v=-Vd3YPJ0gqk&feature=feedu
http://www.youtube.com/watch?v=04uJ1XunXuc&feature=feedu
http://www.youtube.com/watch?v=BcFKf3dQQ4w&feature=feedu


スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。