スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回ナンデモ音楽祭レポ

IMG_0542B.jpg
【写真】ナンデモ音楽祭のステージ(休憩時間)


みなさん、こんばんは。
先週末も、昨日まで目一杯ギター三昧の週末を送らせて頂きましたので、簡単に報告します。

【先週末のイベント】
10/22(土)午前~午後は、第5回ナンデモ音楽祭に出演し、こあらさんのピアノと私のギターのユニット「ウール・ウルーズ」で、アランフェス協奏曲の第二楽章を演奏。
10/22(土)夜は、新井伴典ギターリサイタルの開催。
10/23(日)は、終日新井伴典マスタークラスの開催。

まずは、第5回ナンデモ音楽祭のレポから。


先日の記事にも書きましたが、このコンサートは、千葉市で活動しているYAMAミュージックの代表者、山浦浩氏の呼びかけで毎年開催され、今回で5回目の開催でした。
今年は、3月の大震災の影響も有り、開催が危ぶまれましたが、主催者の強い意志で「震災チャリティイベント」として開催。

出演者は、声楽、ジャズバンド、フルート四重奏(フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)、クラシックギター等と、イベントタイトル通り、音楽のジャンルの垣根を越えて、様々なスタイルの音楽が演奏されました。

まさに「ナンデモ」音楽祭なのですが、昨年はロックバンドやピアノ、弦楽四重奏なども出演していた事を考えると、今年は本格派のクラシックが多く、ナンデモ度がちょっと足りなかったような気がします。

入場は無料でしたが、多数の来場者がありました。ありがとうございました。
来場者の平均年齢は、65~70歳ぐらいだったかも知れません。皆さん定年を迎えられて、音楽を楽しもうという感じの方々が集まってくださいました。


私は、こあらさんのピアノ伴奏で、ロドリーゴのアランフェス協奏曲より第二楽章を演奏。
こあらさんは、今回は得意のライアーをピアノに持ち替えての出演です。


午前11時過ぎに会場の千葉市ハーモニープラザに集合し、リハーサルをたっぷりと15分ほど。アランフェスも丸ごと1曲演奏できました。調子は上々です。

そして13:30の開演後、私達は14:30頃出演。
ギターで何箇所か危うい場面はありましたが、何とか無事完奏。こあらさんのピアノも大きなミスは無く、まずまずの演奏かな?と意気揚々と引き上げました。


しかし、たまたま聴きに来ていた私の妻曰く「ギターが酷い演奏で、聴いていられなかった」との事。(もちろん、こあらさんのピアノは絶賛していました)
しかも、その言葉を会場に来ていた知人達の前で言われてしまい、結構落ち込みました(笑)。

まあ妻は、いつも私が自宅で気楽に弾いているのを聴いていますので、この曲は隅々まで耳タコです。本番演奏ではかなり完成度が落ちるのはしょうがないとしても・・・そこまで言わなくても・・・。
妻に褒められる演奏ができる日は来るのだろうか・・・(笑)。頑張ります!


気を取り直して、次のイベント「新井伴典ギターリサイタル」の会場へ移動です。
続く・・・。



【第5回ナンデモ音楽祭開催概要】
---------------------------------------------
・日時:2011/10/22(土)13:30-16:00(※私達は14:30頃出演)
・場所:千葉市ハーモニープラザイベントホール
 会場HP: http://www.chp.or.jp/
・出演:上原淳(ギター)/あまね伶(ピアノ)
・演奏曲目:アランフェス協奏曲より第二楽章(ロドリーゴ)
・主催:YAMAミュージック(代表者・山浦浩氏)
---------------------------------------------


スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。