スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大萩康司マスタークラスin千葉 開催終了

P5090935b.jpg
【写真1】マスタークラス会場全景

P5090929b.jpg
【写真2】大萩さんのレッスンを受ける私

P5090943b.jpg
【写真3】レッスン後の記念撮影(右:大萩さん、左:私)


前日のリサイタルの興奮も冷めやらぬ翌日、9/19(月・祝)に開催されたマスタークラスのレポです。

受講生は、千葉ソロギターサークルメンバーを中心に、全6名。
各1時間、たっぷりとレッスンして頂きました。

大萩さんのレッスンの特徴は、とにかくギターで弾いて示してくれるところ。初見能力も素晴らしいものがありました。
言葉で説明した後に、実際に名器ブーシェを手に取って、弾いてくれるのは分かり易いです。
音楽は、なかなか言葉だけでは感じ取れないものがありますから。


私は、昨日の埼玉ギターコンクールで弾いた2曲、ヴィラ=ロボスの前奏曲第4番と、バッハのチェロ組曲1番の前奏曲で受講。
ヴィラ=ロボスは前日のリサイタルでも素晴らしい集中力と表現力で弾いて頂いたので、大萩さんにとっても旬の?曲です。

バッハで参考になったのは、歌わせ方のアドバイスでした。
私は感覚で(本能で?)テヌートなどルバートをかけていましたが、伸ばして良いところと、伸ばしてはいけないところついての考え方が非常に参考になりました。
音楽には緊張と弛緩があって、しかるべき対処の中で歌わなくてはいけないという事です。気まぐれにやってはいけないのです。
天才が本能で弾くのなら、またある意味、意味があるのかも知れませんが・・・。歌わせ方にも基本があるのです。


とは言いましても、特にバッハについては、専門家でも諸説あって難しいところではあります。
ある程度歌わせもokと言う方と、バロックはルバートは極力控えめに、と言う2つの考え方があります。
まあ、バロックの時代様式としての、ルバートやビブラートの多様は禁物と言う、基本はありますが・・・。

これは、昨日の埼玉ギターコンクールの審査員でも同様でした。
私は打ち上げで審査員8名全員の方の講評を伺いましたが、私の弾いたバッハについて、あれ位のルバートは良いという方と、もう少しルバートは控えめが良い、と言う2つの意見に分かれていました。良いという方がやや多かったように思います。
そう言えば、あれで良いと言って頂いた、ある審査員の方は、私の演奏に最高点、つまり第1位を付けて頂いた方がいました。ありがたい事です。


ちょっと話が脱線しましたが、やはり世界を相手に活動している一流音楽家、大萩さんのマスタークラスはとても有意義なものでした。
私は、マスタークラスの4日後が埼玉ギターコンクールでしたので、大幅な運指の変更などを伴うようなものは取り入れられませんでしたが、表現方法をいくつか取り入れて、コンクールでも演奏しました。それが5位と言う好結果にもつながったように思います。

他の受講生の方々も、今までとは一味違った切り口で指導されたようで、それぞれ勉強になったかと思います。
柔らかい音の出し方や、トレモロの基本練習の方法など、聴講していて非常に勉強になることがレッスンされました。
私が聴いていても、大萩さんのアドバイスで、少しずつ音が良くなったり、表現の幅が広がったりという事が、分かるほどでした。


打ち上げは、会場近くの居酒屋さんで、13名程で開催。大萩さんとも大いに親交が深まりました。
また機会がありましたら、このような皆さんに喜ばれる企画をしたいと思います。


【大萩康司クラシックギター・マスタークラス概要】
-----------------------------------------
【日時】2011年9月19日(月・祝)9:00~17:00
【会場】千葉市・蘇我勤労市民プラザ・2F音楽室
【交通アクセス】JR外房線/内房線・蘇我駅徒歩2分
【主催】千葉ソロギターサークル
-----------------------------------------

<スケジュール>

●9:10~9:17 受付
 
●9:17~9:20 開始の挨拶、講師紹介(司会:NAO)

●9:20~12:20 レッスン〈前半〉
・09:20~10:20 ティアラ16:スケルチーノ・メヒカーノ(M.M.ポンセ)
・10:20~11:20 SEI:前奏曲 BWV998より(J.S.バッハ)
・11:20~12:20 ラムタム:最後のトレモロ(A.バリオス)

●12:20~12:50 お昼休憩(30分間)

●12:50~15:50 レッスン〈後半〉
・12:50~13:50 NAO:前奏曲第4番(V=ロボス)、前奏曲~チェロ組曲第1番(バッハ)
・13:50~14:50 MY:独創的幻想曲(ビーニャス)
・14:50~15:50 YS:そのあくる日(レイ・ゲーラ)

●15:50~16:00 休憩(10分間)

●16:00~16:15 大萩康司先生ミニコンサート(15分)

●16:15~16:50 大萩先生を囲んで懇親会(35分)

●16:50~17:00 片付け、撤収(10分)


以上。


P.S.
さあ、大萩さんのイベントも、コンクールも終了して一段落です。
これから来年のコンクール用の課題曲と自由曲、新曲等の本格的な練習が出来ます。
11月にオーケストラとのアランフェス協奏曲の共演も控えていますので、弾き込んで精度を上げて行きたいと思います。
取りあえず明日は、池袋まで定例のレッスンに行ってきます。初めてアルハンブラもレッスンを受ける予定です。
ではでは皆さん、良い週末を!


スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。