スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターコンクールで良い成績を残す方法

みなさん今晩は。
今日はギターコンクールで良い成績を残す方法について、選曲と調弦の2つに絞って考察してみたいと思います。


まずは、選曲の問題から。
シニアギターコンクールの審査員を務めていらっしゃる、ギタリストの宮下祥子さんが、コンクールにおける自由曲の選曲について、昨日7/28のブログで書いていましたので紹介します。

宮下さん曰く「難曲に挑んで四苦八苦するより、易しい曲を選んだ方が良い結果が残せる(主旨)」との事。

これは、今年のシニアギターコンクールの審査委員長の藤井敬吾さんが「自由曲の難易度が高すぎる」との指摘を受けての言葉だが、確かにその通りだと思う。

コンクールを受ける目的は、人それぞれだと思うので、必ずしも上位入賞を目指す人ばかりでは無いと思いますが、コンクールに挑戦する大抵の人に当てはまる事だと思います。挑戦するからには、誰だって上位入賞したいはずです。


私は、色々なコンクールを見聞したり、雑誌やネットなどでレポートを目にしますが、この選曲の件は良く耳にします。
特にアマチュア系のコンクールではその傾向が強いと感じます。
クラシカルやスペイン、東京国際など、ハイレベルなプロの登竜門のコンクールになると、難曲でも弾きこなす方々が大勢いますから、あまり気にする必要性は無くなってきますが・・・。


つまり、難曲や名曲など自分が弾きたい曲と、コンクールで上位に評価される曲は一致しない場合が多々ある、と言うことです。
弾くだけで精一杯で余裕がない曲は避け、十分に余裕をもって弾ける曲を選んだ方が好結果が残せると言うことです。


今の自分では弾けないような難曲を選び、目標を高く持って挑戦する事は大事な事ですし、向上心の表れでもあり決して間違っていないと思いますが、コンクールで結果を残すと言う点を重視すると、良い選曲とは言えません。
コンクール開催時点で自分の良さを最大限に発揮できる曲が、別にあるはずです。それを選ぶべきです。
弾きたい難曲や名曲は、いつか立派に弾けるようになることを目指して、コツコツと練習を重ねておけば良いのです。


極端な話、バッハやソルの難曲・大曲を消化不良でミスのてんこ盛り?で弾くより、(初級者の曲と思われている)タレガのラグリマを完成度高く魅力的に弾いた方が評価が高いと言うことです。

もちろん、ラグリマを弾いた人と同等のクオリティで、より難しい曲を弾いたなら上位に評価されるのは言うまでもありませんが。


幾らなんでもコンクールの自由曲でラグリマは無いだろう、と思う方も居るかも知れませんが、これが大丈夫なんです!。審査委員長の藤井さんは、審査講評でラグリマでも良い、と具体名をあげて明言していましたから、確かな情報です。
果たして、来年のシニアギターコンクールで、何人の方がラグリマ(又はそれと同等の平易な曲)を弾くか、私は密かに楽しみにしています(笑)。

実際に今年のシニアギターコンクールを聴いた感想ですが、もしラグリマを完璧に弾いた方がいたとしたら、3位以内に入れた可能性は高かったと思います。今年のシニアは、難曲を未消化のまま弾く方が多かったように思いますので。但し、ラグリマだけでは短かすぎるので、アデリータやソルの月光などと組み合わせれば良いかと。


自分がどうしてもコンクールで弾きたい曲が、今の自分の持ち味や魅力を最大限に発揮できる曲に仕上げる事が出来れば、それは理想的な事だと思いますが、理想と現実はなかなか一致しないのが世の常ですから(笑)。


【宮下祥子ブログ/コンクールについて】
http://ameblo.jp/sorfernando/entry-10967785714.html

【宮下祥子ブログ/コンクール自由曲の続き】
http://ameblo.jp/sorfernando/entry-10967895431.html

【Cesar Amaro氏のラグリマ演奏例】
http://www.youtube.com/watch?v=Mlrj7mNKuYE&feature=related



*******



次に、コンクールで注意するのは調弦の正確さです。
控室からステージに出て、調弦を確認せずにいきなり弾き始める人がいますが、これはいけません。

控え室で幾ら完璧に調弦しても、ステージに出ると照明の熱などの影響で、すぐに狂ってしまいます。10秒、20秒という短い時間で狂います。
もちろん温度が上がれば弦の音程も上がり、温度が下がれば弦も下がります。特に1~3弦の高音弦は温度の影響を受け易いので注意が必要です。

どんなに素晴らしいテクニックや音色、音楽性の高い演奏であったとしても、調弦が狂っていると台無しです。
審査員も、調弦さえしっかりしていれば上位に行ける実力があると分かっても、どうする事も出来ません。コンクールはその場の一発勝負ですから。

実際に、今年のシニアギターコンクールでも実力は優勝を狙える方が、調弦が不十分だった為に予選落ちしていました。審査員もその方が実力者であることは分かっていましたから、次回への期待を込めて?審査員特別賞をあげていました。


ですから演奏する前には、必ず十分な調弦の確認時間を取るべきです。
演奏開始前の調弦は、制限時間には含まれませんからご安心を。複数曲を弾く場合の曲間の調弦は、制限時間に含まれますので注意が必要です。

実際に調弦をしなくても、ある程度の時間をかけて弦が安定するのを待って、全ての弦を確認した後、最後にもう一度確認して演奏を始めるぐらいで丁度良いのです。私も昨年のコンペで、調弦の大切さを身をもって学びました。


一発勝負のコンクールですので、普段どんなに上手く弾ける方でも、調弦も含めてその場で上手く弾けないと評価されません。勝負の世界は厳しいのです(笑)。
事前に出来る事は全てやって、自分の最高のパフォーマンスが発揮できる状況を作り出しておくのも、コンクールで上位入賞する秘訣です。


最近はギターのヘッドなどに取りつけられるコンパクトなチューナーが使われるようになり、アマチュアでも調弦の正確さが飛躍的に良くなってきましたが、これも油断は出来ません。
開放弦を幾ら正確にチューナーに合わせても、弾く曲の調性によって微調整が必要になってきます。基本は、弾く曲の主和音がきれいに響く事と、オクターブが合っている事です。
特に3弦は、開放弦と押弦した時の誤差が高めに出やすいので、場合によってはやや低めに調弦するなどの調整が必要です。

でも、あまり細かい事を気にせず、開放弦全6弦をチューナーでピッタリ合わせるだけでも、かなり安定した音程が得られますので、普通はこれで十分です。


そもそもギターは、平均律と純正律が共存する楽器なので、完璧に全ての音を合わせる事は、実は物理的に不可能な楽器なんです。
どこかで妥協をしなくてはいけない楽器ですから、できるだけ違和感の少ない調弦テクニックを身に付けるしか有りません。
特にハーモニックス(純正律)と実音(平均律)は、幾ら調弦しても絶対に合わないので、注意が必要です。その原理を知らないでハーモニックスと実音での調弦を延々と繰り返す事は避けたいものです。
また、色々な微調整をやっても、弾いている途中で必ず狂ってくるのはギターの宿命なので、こまめな確認が必要です。


ギターの調弦については、それこそ学者が論文を書けるほど奥深いものがありますが、まずはチューナーで開放弦をピッタリ合わせて得られるレベルは確実に実行したいです。それでかなり音程が安定して聴きやすくなります。
チューナーで開放弦を合わせた後、微調整が気になるようになったら、きっと貴方は上級者の仲間入りでしょう(笑)。私はまだまだですが・・・。


ステージ上でチューナーを使う事に否定的な方もいますが、特にアマチュアはどんどんチューナーを使っても良いと思います。
もちろん、チューナーや音叉で、Aなどの基音だけを合わせて、他の弦は耳で合わせる能力は音楽家として必要ですし、日頃から訓練しなくてはいけないのですが、コンクール本番でもチューナーを使わずに耳だけで合わせて、狂ったまま弾いている方が大勢いるのが現実です・・・。そのような方々は、残念ながら上位にはいけません。それならチューナーでしっかり合わせたほうが遥かにマシです。


【ギターにおける平均律と純正律についての解説】
http://www.beyondthesound.com/guitar/guitar_and_harmonics.php



コンクールは、上位入賞だけが目的では無いと思いますが、上位に入賞したい方は、上記の事を気に掛けると良い結果が残せる可能性が高まると思います。他にも考慮すべき点は多々あると思いますが、それはまた別の機会にでも。


以上、ギターコンクールで良い成績を残す方法について、選曲と調弦の2つに絞って考察してみました。
これからコンクールに挑戦したいと考えている(特にアマチュア、社会人の)皆さんに、少しでも参考になれば幸いです。


スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。