スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下和仁ギターリサイタル、高田元太郎さん&河野智美さんと共に

久しぶりにギタリスト山下和仁さんのソロコンサートに行ってきたのでレポ。


山下和仁<ギターリサイタル>
日時:2010/2/10(水)19:00~21:30(休憩20分)
会場:東京・紀尾井ホール

<演奏曲目>
1.J.S.バッハ/山下和仁編曲:無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007
2.藤家渓子:夜との語らい(山下和仁のために)
3.藤家渓子:貝の歌、石の歌(山下和仁のために)
4.アイルランド民謡-藤家渓子編:夏の名残のバラ
(休憩20分)
5.ガネッシュ・デル・ヴェスコボ:ファンタジエ ソプラ メディエ インディアネより
6.A.ドヴォルザーク/山下和仁編曲:<新世界より>第2楽章「ラルゴ」
7.愛陽:第三の靴

<アンコール>
1.モンポウ/カンシオン
2.ソル/練習曲op 6-12
3.リムスキー=コルサコフ/インドの歌


山下を聴くのは何度目だろうか?
18歳で衝撃のダイレクトカッティング(編集無しの一発録音)のデビュー版を聴いて以来、もうかれこれ30年は山下を追いかけてきた私。
山下を初めて聴いたのは展覧会の絵の全国ツアー。約30年前。場所は沖縄。
その後、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のギター版のコンサート。オケは読響。場所は確か新宿。
その後何回かソロコンサートを聴いた。2年ほど前に東京・凸版ホールでのバンビニとの共演コンサートを聴いた。
それ以来の演奏会だった。

で、今回の演奏だが、山下は相変わらず山下だった。山下は健在だった。私の知っている山下の姿があった。いや更に進化していた。
この人の演奏を聴いていつも思うのは、とにかく音が大きい、ダイナミックレンジの幅が途方も無く広い、ピアニッシモの音にも芯がある、音色が多彩、雄大な低音と透明感のある高音、特に高音は深み・まろやかさ・太さがある、一音一音を大事にしている、音楽の奥深さを感じる等々。 ギターは元々多彩な音色を持っているが、山下の音は通常のギターの演奏会では考えられない程の、様々な音や表現が聴ける。
この人の音作りや音楽は、他の誰にも似ていない。山下にしかないものがある。世界に誇るべき天才演奏家と言える。

例えば1曲目のバッハが、バロックの演奏様式から逸脱していると思えるほどの、多彩な音色と歌心を持って弾かれることなど、とても小さな事のように思えてくる。とにかく音楽が生き生きと躍動している。

新世界のラルゴも、まだまだ十分なテクニックを持って演奏していた。いや、むしろ若い頃に聴いた演奏より確実性が増していたように思う。
これだけの演奏が出来るのだから、展覧会の絵もまだまだ弾けると確信した。そのうち展覧会の再演に期待したい。
不思議なのは、あれだけ激しい演奏をしながら、ギターに傷がほとんど無いこと。昔だったら、サウンドホールに穴が開いていたのに・・・

ただ、柔らかい音を追求するあまりか12フレット付近でタッチする音がちょっと多すぎる気がした。音が柔らかすぎてちょっと芯が無くなる。普通の位置で弾く、普通の(といっても相当な美音!)音をもう少し多用して欲しい。

藤家作品は、難解過ぎる感じであまり楽しめなかった。忍耐力を試されるかのような曲である。
それより、驚いたのが愛陽の作品。お母さんである藤家さんの作品より楽しめた。日本古謡のさくらを彷彿とさせるメロディを巧みに使った佳曲。
山下も愛娘の作品を、新世界と同じ高度なレベルで弾いていた。決して子どものお遊び曲ではない。トリを飾るにふさわしい曲だと感じた。
将来、どのような作品を生み出していくのか、楽しみになってきた。

会場の紀尾井ホールは定員800名だがほぼ満員。久々の山下の東京公演がいかに待ち望まれていたかが伺える。私は最前列に陣取って鑑賞。
プログラムに挟まれていたチラシに、次回の山下の東京公演の予定が書いてあった。2011年3月4日(金)19:00~、紀尾井ホール。
曲目などは未定だが、是非展覧会やシャコンヌ、ノクターナルなど大曲を演奏して欲しい。


タイトルと、写真を見て「おやっ」っと思った方も居ると思いますが、山下さんの演奏会に、何故高田さんと河野さんの名前があるのか?
このお二人は揃って聴きに来ていらっしゃいました。
高田さんとお会いしたのは、昨年のリエージュ協奏曲のコンサートでお会いして以来2度目。

そして河野さんとは感動の初対面。でも河野さんは私の事をしっかり知っていらっしゃいました。実はお二人ともマイミクさんなんです。
東京国際ギターコンクールなどで何度か見かけてはいましたが、なかなか声をお掛けするチャンスがありませんでした。
そんなお二人ですから、記念写真を撮らずには居られません。
ラムタムさんにシャッターをお願いして、感動のスリーショットです。これは結構お宝です。

ラムタムさん、タッキーさん、まりあさんなどmixiのマイミクさんにも何名かお会いしました。
テデスコさんも来ていたと思いますが見つけられませんでした。
あと、マリアデュオのお二人さんも来ていた模様。

久々にたっぷりと山下ワールドを楽しんだ。でも、もっともっと聴きたい。
以上。


【写真1】休憩時間の会場の様子(演奏中は満席でした)
山下2


【写真2】休憩時間のロビーの様子(山下のCDに群がる人の山)
山下1


【写真3】終演後、高田元太郎さん(右)&河野智美さん(中)と貴重なスリーショット(撮影:ラムタムさん)
山下8

スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。