スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高木洋子さんの新譜CD「クラベリートス」(ギタリスト必聴!)

NewCD_Clavelitos_Jake_YokoTakaki.jpg
【画像1】CD「クラベリートス」の表紙

NewCD_Clavelitos_Jake_buck.jpg
【画像2】CD「クラベリートス」の裏表紙

NewCD_Clavelitos_Jake_Note.jpg
【画像3】音楽評論家濱田滋郎氏のライナーノート


今日は珍しく、ピアノの新譜CDを紹介します。
2011年3月28日に発売された、横浜在住のピアニスト高木洋子さんの「クラベリートスClavelitos」というタイトルのCDです。
クラベリートスはスペイン語でカーネーションの意味。
まずは、収録曲目と録音データをご覧下さい。

●高木洋子CD「クラベリートス」収録曲
 
1.グラナダ(I.アルベニス)
2.コルドバ(I.アルベニス)
3.セビーリャ(I.アルベニス)
4.朱色の塔(I.アルベニス)
5.ロンデーニャ(R.S.デ.ラ.マーサ)
6.オリエンタル(E.グラナドス)
7.詩的ワルツ集(E.グラナドス)
8.クラベリートス(J.Q.バルベルデ)
9.アラビア風奇想曲(F.ターレガ)
 大聖堂 (A.バリオス)
10.-1.プレリュード
11.-2.宗教的アンダンテ
12.-3.荘厳なアレグロ
13.フーリア・フロリダ(A.バリオス)

【レコーディング・データ】
☆YOKO TAKAKI (PIANO) www.yoko-takaki.com
[Recorded]: 30 August 2010 at Black Hall Studio, in Kawasaki (Japan)
Grand piano : Steinway & Sons, 24bit 96kHz HighSampling Recording
TOTAL Timings: 58:45
(C)PrimaveraJapan/PJ-Y0919/\2,800


いかがでしょうか?
ご覧になるとお分かりのように、ピアノのCDであるにも関わらず、ギターゆかりの名曲がずらりと並んでいます。
と言うより、全てギターで弾かれてきた名曲と言っても過言では有りません。ピアノによる「ギター賛歌」とも言うべきCDです。
CDに封入されているライナーノートで、音楽評論家の濱田滋郎氏はこのCDを「”ギターの魂”を刻んだ美しいモニュメント」と評しています。まさにその通りだと思います。

ギター愛好家にとって、アルベニスのグラナダやセビーリャ、朱色の塔、グラナドスのオリエンタルや詩的ワルツ集などは、元々はピアノ曲であることを忘れてしまうほど、ギター曲として長年慣れ親しんでいる曲ですし、皆さんの中にもきっとギターで弾いた方がいるはずです。
誌的ワルツ集は、千葉ソロギターサークルの若手のリーダー的存在の、小暮浩史さんが優勝した昨年のスペインギターコンクールの課題曲でもありました。

それらピアノ曲の名曲に加え、バリオスの大聖堂やフリア・フロリダはもちろん、タレガのアラビア風奇想曲に至っては、あらゆる世代を超えてギター愛好家なら、それこそ耳にタコが出来るほど聴いたり、弾いたりしてきた曲だと思います。
ロンデーニャもスペインの名匠R.S.デ・ラ・マーサのギターの名曲です。ちなみにデ・ラ・マーサはあの名曲、アランフェス協奏曲を献呈され、初演したギタリスト兼作曲家です。

それらの魅力的な曲目が、日本のピアノ界きってのスペイン通である高木さんのピアノによって弾かれていますので、ピアノファンだけに聴かせておくのはあまりにももったいないです。ギターファンにこそ聴いて欲しいCDです。


あまり詳しくは知りませんが、ギター曲のピアノ編曲・演奏については、プロのピアニストが発売したCDとしては、日本初録音や世界初録音、或いは日本初演や世界初演がいくつか含まれているのでは無いかと思われます。

それぞれの曲の演奏の素晴らしさについては、ここで私がつたない言葉で述べる必要がない程の名演ですので、是非皆さんご自身の耳で聴いてお確かめ下さい。下に紹介したサイトから購入する事ができます。2,800円です。


高木さんは、ピアニストにしては珍しく、ギターとの関わりがとても深い方です。スペイン音楽や南米音楽にもとても造詣が深い方です。
ギターのマリア・エステル・グスマンさんや、手塚健旨さんとは常設DUOのように活動され、CDやビデオも出しています。
また、2009年(東京・GGホール)と2010年(千葉県佐倉市)には宮下祥子さんとアランフェス協奏曲で共演しています。
●2009年11月GGホールのmixi日記(mixi会員のみ参照可)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1350369980&owner_id=21271116
●2010年7月千葉でのコンサートのブログ記事
http://nao2010.blog11.fc2.com/blog-date-201007-6.html


私は、2009年のGGホールのコンサートでお会いして以来、高木さんと懇意にして頂いており、今でも親交を暖めさせております。
とりわけ、昨年10月に横浜で開催された、高木さんのピアノリサイタルでの名演奏が今でも忘れられません。
●2010年10月高木洋子ピアノリサイタルのブログ記事
http://nao2010.blog11.fc2.com/blog-date-201010-3.html
●2010年10月高木&グスマン&手塚トリオコンサートのブログ記事(参考)
http://nao2010.blog11.fc2.com/blog-date-201010-1.html

そのリサイタルは、2009年に発売された高木さんの著書「スペインの風景~音楽で彩る旅行ガイド」出版記念でした。
今回のCDは、その時のリサイタルで弾かれた曲を中心に収録されており、聴くとあの時の感動が蘇りました。


これまで書いてきたように、このCDの特徴は、何と言ってもギターの名曲が多数ピアノに編曲されて演奏されている点です。
アラビア風奇想曲(ブルゲス編)以外は、全て高木さんご本人が編曲も行っているのも、タダのピアニストではない才能の煌めきを感じます。
楽譜が出版されれば、色々なピアニストさんが弾けますし、私の知り合いのピアニストさんに弾いてもらおうかと考えています。高木さん、是非楽譜の出版を!


演奏については、ピアノ曲はもちろん素晴らしい演奏ですが、私は特にギター曲のピアノ版に感銘を受けました。
中でもこのアルバムで一番の聴き物は、やはりバリオスの大聖堂です。名演です。
第一楽章の冒頭部分はオリジナリティのあるイントロを付加し、第二楽章での静かな深い祈り、第三楽章のスピード感溢れる壮麗な表現は、感動的です。 ギターではあり得ない程の重みのあるスピード感が味わえます。(ギターにはギターの魅力がありますのでご心配なく・笑)

大聖堂に限らず、高木さんの編曲手法はオリジナルの良さを最大限生かす手法で行われており、好感が持てます。
それでいてピアノならでは幅のある表現で仕上げられており、ギター曲とは一味も二味も違った魅力的な”ピアノ曲”として完成されています。
アルバムの最後を飾るバリオスのフリア・フロリダも、心に沁みる名演です。


曲の配置もとても効果的で絶妙だと感じました。
グラナダの静かで豊かな歌に始まり、途中で緩急・強弱・明暗など様々な感情を味わいながら、大聖堂で最高のクライマックスを迎えて本編が終了した後、フリアフロリダがアンコールのように、盛り上がった感情を沈めるかのように静かに心を落ち着かせ、感動の余韻に浸りながらアルバムが終了します。
アルバムを聴き終えると、まるで一つのコンサートを聴いた感じ、或いは名作映画を見たような感じがしました。


CDになると、ホールでの響きを再現するのはなかなか難しく、響きの豊かな生のホールトーンには及びませんが、高木さんのキラキラした高音の美しさやシルクのようなしなやかさ、迫力の重低音まで見事に再現された録音です。
聴いていると、昨年の横浜でのリサイタルでの高木さんの、しなやかな手の動きや顔の表情など、感動の想い出が蘇りました。
音楽とは関係ありませんが、トップに紹介したジャケット写真を見て頂ければお分かりのように美貌の持ち主でもあります。


このCD「クラベリートス」は、ピアノ界のみならず、世界のギター界にとってもまさに記念碑的なCDになると思います。
全てのギタリストにこのCDを聴いて頂きたいです。いや、全てのギタリスト必聴です!
そして、ギタリストの演奏とは一味違う豊かなインスピレーションを得て欲しいと思います。

高木さんとの2年越しの交流を通して、このような素晴らしいCDの誕生に、僅かでも関われた事をとても嬉しく思います。
この歴史に残るであろうCDの誕生を心より祝福します。おめでとうございます!

そして、このような素晴らしいCDを作ってくださいまして感謝いたします。ありがとうございました!
高木さんの今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

このCDが、震災に苦しむ方々の心のオアシスになることを期待してペンを置きます。

以上。



【参考情報】

●CD「クラベリートス」の購入は下記サイトより(2,800円、送料無料)
http://encantodelpiano.p1.bindsite.jp/mb/New/index.html
※CD取扱い店舗
・山野楽器銀座本店
・山野楽器横浜そごう店
・新星堂横浜ジョイナス店
・現代ギターGGショップ(東京・池袋要町)でも取り扱い予定

●高木洋子著「スペインの風景~音楽で彩る旅行ガイド」紹介
http://www.book-special.bona.jp/book.html

●高木洋子プロフィール
http://www.yoko-takaki.com/top/profile.html

●高木洋子HP
http://www.yoko-takaki.com/index.html



【4/8追記】
洗足学園音楽大学教授のギタリスト原善伸さんのブログで、クラベリートスが紹介されていましたのでリンクさせて頂きます。
http://harayoshinobu.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_dd43.html


スポンサーサイト

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。