スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャル・トリオ・コンサート~2ギター&ピアノ

P5080206.jpg
【写真1】休憩時間のホール内の様子


P5080208.jpg
【写真2】終演後のロビーの様子(手前左からマリア・エステルさん、濱田滋郎氏、高木洋子さん)


P5080214b.jpg
【写真3】コンサートのチラシ





先週末10/22(金)の高木洋子ピアノリサイタルの余韻が未だ覚めやらぬ10/27(水)、またまた高木さんと仲間達のコンサートに行ってきましたので、レポです。


今回も出演者は先週と全く同じ。ギターがマリア・エステル・グスマンさんと手塚健旨さん、ピアノは高木洋子さんです。

先週は高木さんのリサイタルにギターがゲスト出演したものでしたが、今回の演奏会は3人が均等に出演し演奏した演奏会です。つまり、3名各々のソロ有り、デュオあり、トリオあり、と言う感じです。

平日の水曜日に都内開催なので、仕事を早々に切り上げて駆けつけたが、当然間に合わず、19時半過ぎにようやく会場に到着した時には、既に第1部が終了した頃でした。
そのため、以下のレポは、第2部のみ聴いたものです。ご了承下さい。


さてさて、1週間足らずの間に、2回も豪華メンバーを聴けたのは、幸せと言う他ありません。

今回のホールは150人程度の小ホールでしたが、響きはそこそこ。床が絨毯張りでしたので、かなり音が吸われて反響が少なくなっていたと思われる。
ピアノの響きは先日のリリスの方が良かったですが、ギターはこちらの方が良い感じでした。

椅子はパイプ椅子を並べたものでしたが、私が着席したのは前列から2列目。
演奏者との距離はわずか3~4メートルと言う至近距離でしたので、ギターの生音や指使いをじっくりと堪能できました。
お客さんは100人ほどでしょうか。


今回、特に注目していたのはマリアエステルさんのギターソロ。(手塚さんのソロは聴けず、残念・・・)
当初予定していた、アルベニスのタンゴとアストリアスから変更されて、ブローウェルの鐘のなるキューバの風景と、アルベニスの大地の門が演奏された。
手塚さんが言うには、今回の彼女の来日は演奏がメインではなく、日本の温泉につかりに来たとのこと。演奏が無くても年に一度は温泉の為に来日するらしい。日本がお気に入りのようです。


至近距離で聴いたマリア・エステルさんの音は、やや細めで硬質でした。チェンバロ的な音と言えるかもしれません。
右手はサウンドホール寄りではほとんど弾かず、かなりブリッジ寄りで弾く事が多かったです。前回はピアノとの合わせでしたから、音量を出そうとしてブリッジ寄りで弾いていたかと思いましたが、ソロでも同じでしたので、これが彼女のスタイルなのでしょう。
個人的には、もう少し艶のある、ふくよかな感じの音が好みですが、こればかりは奏者のセンス、好みですので、これが彼女の個性・持ち味だと理解するしか有りません。

技巧的には申し分有りません。名人芸を堪能させていただきました。
特に、初めて聴いたアルベニスの大地の門はピアノ曲からの編曲だと思うが、まるでギター曲かのように自在に弾きこなしていました。
ギターで弾くには相当な難曲と思われるが、軽々と弾き進む姿には圧倒されました。

ミスタッチはかなり少ない。音量は大きくは無く、どちらかと言うと小さい方かも知れません。
歌わせる情緒的な曲より、ブローウェルの鐘のなるキューバの風景等の現代曲に向いている音質のように感じました。

手塚さんのギターは、前回同様アンサンブルでしか聴けませんでしたが、マリア・エステルさんとは対照的に、暖かく柔らかい音を出す方です。
特にメロディをアポヤンドで深いタッチで弾いた時の音は、セゴビアトーンのようなゾクっとする瞬間もありました。木の温かみが感じられる伝統的なギターの美しい音です。

お二人ともギターはアルカンヘル。
マリア・エステルさんは通常のものでしたが、手塚さんの楽器は裏横板もフラメンコギターのように白っぽいシープレス材のものでした。タッチの違いもあって、同じアルカンヘルでも全然違う音が出てきます。


曲目では、ギターDUOによる「展覧会の絵」の抜粋が珍しかった。
展覧会の絵と言えば、どうしてもあの天才・山下和仁さんの鬼気迫るド迫力・超絶技巧の演奏を連想してしまいますが、今回のDUOはギターの自然な魅力を生かした、ごく一般的な編曲で楽しめました。
好対照と言っても良い音色を持つお二人の魅力が上手く溶け合って、一つの音楽を作り上げていました。


高木さんは、予定を変更し、第1部で予定に無かったピアノソロ1曲(グラナドスのオリエンタル)を演奏。
私はソロは聴けず残念でしたが、アンサンブルでも高木さんのピアノは、相変わらず音が美しかったです。この日はスタインウェイでしたが、どんなピアノを使っても弾く人が弾けば美しく響くものなんですね。

ただ、会場がピアノにとっては狭かったので、柔らかなホールトーンに包まれる感じはあまり無く、ピアノの生の音そのものに包まれる感じでした。
先週の音とは全く違っていましたが、ホールの違いによる2種類の音を楽しめたのは良かったです。アコースティック楽器は、ホールの響きに大きく左右される事を実感しました。
演奏そのものの素晴らしさは、改めてここで言うまでもありません。


今回はピアノとのアンサンブル時には、ギターはごく小さなPAを使っていました。波動スピーカー(M's システム)との事です。
PAは控えめで、最小限と言う感じでした。自然な音のまま、ほんの少しだけ増幅していたので、違和感はほとんど感じませんでした。
会場が小さかったので、PAを使わなくても十分聴こえたようにも感じました。但し、PAを使うとピアニストさんは、少し大きめの音が出せますので楽かもしれません。


会場には、この日トリオで弾かれたガリシアン・キャロルや、アランフェス協奏曲の第二楽章の有名なあのテーマを編曲した、江部賢一氏も来場しており、ステージ上の手塚さんから紹介されて、立ち上がってお客さんに挨拶をしていました。
手塚さんは、今後も2ギターとピアノの為の作編曲をよろしく、としっかりご本人にアピールしていました。

アンコールは、先週も弾いていた「祭」と「エルビート」の2曲。華やかにトリオの演奏で締めくくりました。

演奏後は、ロビーで出演者の皆さんと談笑できました。
先週のリサイタルに続いてこの日も音楽評論家の浜田滋郎氏もお見えになっていたので、再び声をかけました。
今回は、少し時間がありましたので、25年前に私が出場した九州のコンクールで、審査して頂いたときの思い出話をしたところ、私の事を思い出して頂いた様で、嬉しかったです。記念に私の音楽用の名刺も渡しました(笑)。

あっ、そうそう、マイミクのsaitoさんが来ていて、スタッフとして譜面台を片付けたりしていました。私はすっかり顔を忘れていたので、高木さんに紹介してもらい、久々にお話ができました。

平日にも関わらず、素晴らしい音楽を堪能させていただきました。1週間で2回もピアノのコンサートに行ったのは初めてでした。
ちなみにこの日は、東京文化会館でアナ・ヴィドヴィッチさんのリサイタルもあったようで、多数の日記が上がっています。
出演者の皆さんと打上にも参加したかったのですが、翌日は仕事がありますので、ぐっと我慢して後ろ髪を引かれながら千葉に戻りました。



【スペシャル・トリオ・コンサート】
マリア・エステル・グスマンGt&手塚健旨Gt&高木洋子Pf
-----------------------------------------------
日時:2010/10/27/水/開場18:15、開演18:45
会場:東京・大田区民会館 アプリコ 小ホール
主催:カンパニージャ
後援:プリマベーラ
入場料:前売り4000円/当日4500円
コンサートチラシ:http://www.yoko-takaki.com/top/image/IMG/2010.10.27Trio-01.jpg
-----------------------------------------------

<プログラム>

【第1部】

※高木洋子ピアノソロ
・オリエンタル(E.グラナドス)

※手塚健旨ギター&高木洋子ピアノ
・アンダルシアの夜、バルカローレ、ナスカ(E.マルチェリ)
・鎌倉(F.クエンカ)

※手塚健旨ギターソロ
・暁の鐘(E.S.デ・ラ・マーサ)
・ムーアとジプシー(作者不詳)

【第2部】

※マリア・エステル&手塚ギターデュオ
・プロムナード、古城、リモージュの市場~組曲「展覧会の絵」より(M.ムソルグスキー)
・なぜ淡い光なのかは知れず(サンティアゴ・デルガド)

※マリア・エステルギターソロ
・鐘のなるキューバの風景(L.ブローウェル)
・大地の門(I.アルベニス)

※マリア・エステル&手塚&高木トリオ
・ガリシアン・キャロル(ガリシア民謡~江部賢一編)
・アランフェス(J.ロドリーゴ~江部賢一編)

【アンコール】

※マリア・エステル&手塚&高木トリオ
・日本の情景より「祭」(井上勝仁)
・エルビート

以上。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAO

Author:NAO

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2拍手記事別ランキング
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
ブログ ホームページ アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。